線維筋痛症の症状と治療法、専門医や医療機関など線維筋痛症に関する情報を提供しているサイトです。

■線維筋痛症とは何でしょう?線維筋痛症についての症状や治療法などについての
 情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋痛症の治療方法 【カウンセリング】

線維筋痛症に対しては心理療法も適用可能であると言われています。その中で最も一般的なのは精神医学の専門家によるカウンセリングです。というのも線維筋痛症にはかなり心理社会的ストレス要因が関係していると言われており、薬物を長期的に服用しても十分の改善が見られないケースが多々あります。そのような場合には心理社会的なストレスの要因を探って、感情的な側面や性格的特性に対してアプローチするようなカウンセリングが有効と言われています。

日本ではカウンセリングは臨床心理学の一分野として位置づけられている。その為、カウンセリングは心理療法・心理査定・地域援助・臨床研究と共に臨床心理士の業務の中に数えられており、主要なものとして認識されている。

また、臨床心理士というのは臨床心理学を学問的基盤に、心の問題の援助・解決・研究に貢献する専門家として認定する資格である。心理療法家・カウンセラーの資格には、国家資格が存在しない一方、民間の認定資格は多数存在する。その中で臨床心理士は、現在最も知名度の高いものである。公立学校スクールカウンセラーの資格要件になっていたり、医療機関でも臨床心理士を資格要件としているところが多い。

養成に関しては心理系大学院の修士課程を卒業する事が必須であり、その後、臨床心理士の資格試験を受け、それに合格すると臨床心理士の資格を取得できる。(最近では九州大学等で専門職大学院が設立されている。詳しくは下記参照)大学院には、カリキュラムや訓練課程が充実し、卒業後の資格試験に合格すると資格取得できる第一種指定校と、卒業後、数年の実習が必要になる第二種指定の大学院がある。(Wikipediaより引用)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。