線維筋痛症の症状と治療法、専門医や医療機関など線維筋痛症に関する情報を提供しているサイトです。

■線維筋痛症とは何でしょう?線維筋痛症についての症状や治療法などについての
 情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋痛症-薬物療法(成長ホルモン)

線維筋痛症の専門家によると線維筋痛症患者は正常な人よりもヒト成長ホルモンのレベルが低いと言われています。なぜなら不安、うつ、怒りなどは全てストレスの原因となり、そのストレスは脳内の化学物質セロトニンを激減させてしまうことが分かっています。そのストレスはやがて睡眠を妨げるようになった時に、成長モルモンの産生を妨げることになり得ます。成長ホルモンは睡眠中に筋肉線維の回復に一役買っていますから、線維筋痛症患者に対して、これを直接補給してあげるという考え方もあるようです。

成長ホルモン(growth hormone,GH)は脳下垂体前葉のGH分泌細胞 (somatotroph) から分泌されるホルモンである。ヒト成長ホルモンは特にhGH(human growth hormone)と呼ぶ。主要な成長ホルモンは191個のアミノ酸からなり、分子量は22kDaである。プロラクチンと遺伝子構成・アミノ酸配列が近く、一つの祖先となる遺伝子が重複し、機能が分化したと考えられている。ヒト成長ホルモン遺伝子は17番染色体に位置する。標的器官に直接働く場合と間接的に働く場合がある。間接的に働く場合、成長ホルモンが肝臓などにはたらきかけ、IGF-1(インスリン様成長因子-1、別名ソマトメジンC)を分泌させ、それらが標的器官に働きかける。(Wikipediaより引用)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。