線維筋痛症の症状と治療法、専門医や医療機関など線維筋痛症に関する情報を提供しているサイトです。

■線維筋痛症とは何でしょう?線維筋痛症についての症状や治療法などについての
 情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋痛症の治療方法 【バイオフィードバック】

バイオフィードバックは、患者の体にセンサーをつけてコンピュータに接続し、心拍数や血圧、脳波、筋緊張、皮膚温などの生理反応を映し出して、患者自身に緊張の度合いを示すことが出来ます。そして、筋肉の状態を理解してもらうことによって姿勢や体の動きを正し、筋肉の緊張を緩めて、痛みを軽減する事を目的としています。それらを繰り返し行い、最終的にはセンサーの助けなしで心身をリラックスさせるコツを患者が覚えるように指導します。この方法によってストレス反応を自分でコントロールできるようになります。

バイオフィードバック(Biofeedback)とは、本来感知することのできない生理学的な指標を科学的にとらえ、対象者に知覚できるようにフィードバックして体内状態を制御する技術、技法。主に「リラックスした状態」などをフィードバックすることによって、その状態自体を把握し、すばやくアクセスできるようにし、不安な状態に拮抗させることが目的である。不整脈、頭痛、てんかん、自律神経失調、便失禁、気管支喘息,高血圧などの治療に活用されている。(Wikipediaより引用)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。