線維筋痛症の症状と治療法、専門医や医療機関など線維筋痛症に関する情報を提供しているサイトです。

■線維筋痛症とは何でしょう?線維筋痛症についての症状や治療法などについての
 情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋痛症の治療方法 【運動療法】

線維筋痛症の専門家によれば運動療法を正しく行うことによって線維筋痛症から回復することが可能になると言われています。定期的な運動により血行が改善しますし、体の筋肉の代謝を促します。運動によってエンドルフィンの産生を助け、セロトニンや成長ホルモンの分泌を促し、自己免疫システムのT細胞生成を促進します。

運動療法の意義
1. 関節可動域、筋力、協調性の改善
2. 肺活量の増大
3. 最大酸素摂取量、最大酸素負債量の増加
4. 心拍出量の増加と心拍数の低下
5. 運動時の血圧上昇が低く抑えられる
6. 糖代謝の改善
7. 脂質代謝の改善




代表的な運動療法の例は以下の通りです。適切な種類、適切な運動量をコントロールして行うことによって線維筋痛症から回復する事が可能になるといわれています。

有酸素運動
ストレッチ
筋力トレーニング

※関連記事-運動療法の基本的な考え方

運動療法の効果
運動療法は、現在は主に生活習慣病(高血圧・動脈硬化・虚血性心疾患・糖尿病・高脂血症等)に効果的とされているが、今後は、心臓疾患・脳疾患など、「生活習慣+ストレス」により生ずるその他の疾病についても、運動により生活習慣を改め、運動によりストレスを軽減することで、予防・治療効果を得ることも期待される。(Wikipediaより引用)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。