線維筋痛症の症状と治療法、専門医や医療機関など線維筋痛症に関する情報を提供しているサイトです。

■線維筋痛症とは何でしょう?線維筋痛症についての症状や治療法などについての
 情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋痛症の治療方法 【低周波治療】

低周波治療の中でも特に経皮的末梢神経電気刺激(けいひてきまっしょうしんけいでんきしげき、transcutaneous electrical nerve stimulation,TENS)と呼ばれるものを使用します。これは脳に向かう体の痛みの信号を阻害するために特定の神経に電気刺激を与えるものです。この痛みに対するアプローチの方法はゲートコントロールと呼ばれ鎮痛効果は、電気刺激がなされている時のみ発揮されます。パスル周波数は100~150pps程度が適しているとされています。

経皮的末梢神経電気刺激(けいひてきまっしょうしんけいでんきしげき、英:transcutaneous electrical nerve stimulation,TENS)は、痛みの局所、周辺、あるいは支配脊髄神経起始部などに表面電極を置き、低周波を通電するものである。大径のAβ求心線維を選択的に刺激し、脊髄後角での痛み伝達を抑制するというゲートコントロールセオリーの実証である。しかし、現在は主にオピエイト媒介理論を利用した低周波TENSが一般的である。

オピエイト媒介理論
エンドルフィンやエンケファリンの産生と放出を促進し、オピエート受容体に結合させ、神経伝達物質あるいは神経修飾物質として作用することで疼痛を修飾する。また、非オピオイド(セロトニン)系に関与する下行性抑制性経路を活性化させ、疼痛を抑制する。このような電気刺激の適応は「低周波あるいは針麻酔様TENS」とされる。これによる鎮痛効果は、電気刺激後4~5時間に渡り発揮される。パルス周波数は2~10pps程度が適しており、1回の施行において30分以上連続して行うべきでないとされる。長時間の反復筋収縮は遅発性筋痛を起す可能性があるからである。 (Wikipediaより引用)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。