線維筋痛症の症状と治療法、専門医や医療機関など線維筋痛症に関する情報を提供しているサイトです。

■線維筋痛症とは何でしょう?線維筋痛症についての症状や治療法などについての
 情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋痛症の治療方法 【認知行動療法】

認知行動療法(Cognitive behavior therapy)とは認知・思考の歪みに働きかけて認知と行動の変容を促し、当面の問題解決に際して効果的な対処法の習得を目的とした心理療法です。線維筋痛症の改善には、薬物療法単独で行うよりは運動療法や認知行動療法の併用の方が効果的であるという報告もあります。認知行動療法の目標としては線維筋痛症患者の怒り・攻撃性の処理、強迫性、完全性の緩和、性急性・切迫感への対処、マイナス思考からプラス思考への転換、思い込み・独善性からの脱却、循環性(高揚と抑うつ)のコントロールなどがあります。

学習理論に基づく行動変容法・理論を総称して、行動療法、一方、認知や感情に焦点を当てる心理療法を認知療法と呼ぶ。現在、この両者は不可分に結びついており、「認知行動療法」と呼ばれるようになった。「認知行動療法」という呼び名が最初に現れたのは、ドナルド・マイケンバウムの著作のタイトルである。(Wikipediaより引用)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。