線維筋痛症の症状と治療法、専門医や医療機関など線維筋痛症に関する情報を提供しているサイトです。

■線維筋痛症とは何でしょう?線維筋痛症についての症状や治療法などについての
 情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋痛症-食事療法(ビタミンB12)

ビタミンB12(コバラミン)
栄養,サプリメント,ビタミンB12

糖質、脂肪、タンパク質の新陳代謝、鉄の吸収、血液細胞生成に不可欠であり赤血球を長生きさせます。

■ビタミンB12を含む食物
牛レバー、青魚 (サンマ等)、貝類 (アサリ等)、海苔、卵や乳製品

B群ビタミンのひとつだが、12は見付かった順番を表す数字ではない。相継いで発見されたB群ビタミンと重複しないように大き目の数字を付けたらしい。シアノコバラミンは化合物を単離する際に得られる人工産物で、喫煙者などの特殊な場合を除き、体内ではシアノコバラミンは存在していないと考えるのが普通になっている。

ポルフィリン類似のコリン環(図の赤色部位)とヌクレオチド(図の緑色部位)の構造をもつ、コバルトの錯体である。アミノ酸や脂肪酸の代謝および葉酸の生合成に用いられる。これ自体に補酵素活性は無く、生体内で補酵素型であるメチルコバラミンおよびアデノシルコバラミンに変換される。(Wikipediaより引用)

スポンサーサイト

線維筋痛症-食事療法(ビタミンE)

ビタミンE(α-トコフェロール)

ビタミンEは不飽和脂肪をコントロールし、コレステロールを減少させ、脳の機能を正常に保ち、発作的なストレスからホルモン系の機能を守ります。ビタミンEは強い抗酸化物質で、血液の凝固、筋肉の神経の維持、肺の新陳代謝にとって重要です。また、ミネラルのセレンはビタミンEの効能を増加させる働きを持っています。

■ビタミンEを含む食物
紅花油、ナッツ類、ひまわりの種、アボカド、乾燥プルーン、パン、アスパラガス、ブロッコリー

ビタミンB3,魚介類,緑黄色野菜

ビタミンE(vitamin E)は脂溶性ビタミンの一種。1922年にアメリカ合衆国、ハーバート・エバンス(Herbert M. Evans)とキャサリン・ビショップ(Katharine S. Bishop)によって発見された。トコフェロール(tocopherol)とも呼ばれ、特に D-α-トコフェロールは自然界に広く普遍的に存在し、植物、藻類、藍藻などの光合成生物により合成される。医薬品、食品、飼料などに疾病の治療、栄養の補給、食品添加物の酸化防止剤として広く利用されている。(Wikipediaより引用)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。