線維筋痛症の症状と治療法、専門医や医療機関など線維筋痛症に関する情報を提供しているサイトです。

■線維筋痛症とは何でしょう?線維筋痛症についての症状や治療法などについての
 情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋痛症-食事療法(ビタミンB3)

ビタミンB3(ナイアシン)

ビタミンB3はインスリンや男性・女性ホルモン、甲状腺ホルモンなどの生成を助けます。更に、血液循環、胃腸の働き(酸の産生)、ヒスタミン活性化も助けます。ビタミンB3が欠乏すると、低血糖、物忘れ、混乱、耳鳴りなどの症状が出る可能性があります。

■ビタミンB3を含む食物
タラコ、カツオ、イワシ、サバなど魚介類、マイタケ、レバー、ピーナッツ、酵母、胚芽、玄米、や緑黄色野菜類

ナイアシン (Niacin) は、ニコチン酸の別称で、ビタミンB3 ともいう。水溶性ビタミンのビタミンB複合体の一つで熱に強く、糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠である。循環系、消化系、神経系の働きを促進するなどの働きがある。欠乏すると皮膚炎、口内炎、神経炎や下痢などの症状を生じる。エネルギー代謝中の酸化還元酵素の補酵素として重要である。(wikipediaより引用)


ビタミンB3,魚介類,緑黄色野菜

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。