線維筋痛症の症状と治療法、専門医や医療機関など線維筋痛症に関する情報を提供しているサイトです。

■線維筋痛症とは何でしょう?線維筋痛症についての症状や治療法などについての
 情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋痛症-運動療法(ストレッチ)

筋力トレーニング,筋トレ,筋肉,圧痛筋肉の柔軟性は一流のアスリートのみならず誰にとっても重要です。筋肉の柔軟性は筋肉の質を見るうえで大事な要素の一つですから。よくウォーミングアップとストレッチを混同している人を見かけますが、これらは分けて考えるべきでしょう。ストレッチを効率よく行う為に筋肉をウォーミングアップをするべきだという考え方が主流です。ですから筋力トレーニングや有酸素運動を行う場合は、まずウォーミングアップ、そしてその後にストレッチを十分に行ってからにしましょう。ストレッチは筋肉を伸ばしてあげる運動の事です。大事なポイントをいくつかあげておきますので参考にしてください。

・必ずウォーミングアップを先に行いましょう。例えば簡単なラジオ体操のようなもので十分です。
・毎日行いましょう。
・きちんと呼吸しながら行いましょう。ストレッチの際に息を止めては逆効果です。ゆっくりと伸ばしながら息を吐きます。
・ゆっくりと反動をつけずに行いましょう。
・伸ばしている筋肉を意識しましょう。これは筋力トレーニングにおいても重要な事です。
・本やビデオなどを参考に正しく行うとなお効果的です。



 
スポンサーサイト

線維筋痛症-運動療法(筋力トレーニング)

筋力トレーニングというとムキムキのマッチョな体をイメージするかもしれません。しかし、ここでいう筋力トレーニングは単純に筋肉に刺激を与えるという意味です。筋肉は使わなければ衰える一方です。年齢が高くなればなるほど使わない筋肉が衰えるスピードが加速していきます。自信があるならフリーウェイトのダンベルやジムのウェイトマシーンを利用してもかまいませんが、まずは自宅で簡単な筋力トレーニングを始めてみてはどうでしょう。

始めから無理に負荷の大きな運動をする事はありません。なぜなら、まずは筋肉に刺激を送る事が目的ですから。ゴムチューブでもいいですし、空になったペットボトルに水を入れてダンベルのように使用してもいいでしょう。継続が最も重要なことですから、自分のペースを守って運動を続ける事を考えてください。興味が出てきたら筋力トレーニングの本を参考にしてみるのも面白いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。