線維筋痛症の症状と治療法、専門医や医療機関など線維筋痛症に関する情報を提供しているサイトです。

■線維筋痛症とは何でしょう?線維筋痛症についての症状や治療法などについての
 情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋痛症-食事療法(ビタミンA)

ビタミンAは脂溶性です。そのため摂り過ぎると組織に毒性を与えます。ただし多量のビタミンAも、多量のベータカロチンによって摂った場合には、毒性がありません。その上、ベータカロチンは必要な時にビタミンAに変わります。ビタミンAは皮膚病を治し、感染症と闘い、筋肉組織を維持、修復し、骨、皮膚、歯の健康を助けます。

■ベータカロチンを多く含んでいる食物
ニンジン、サツマイモ、マンゴー、パパイヤ、メロン、かぼちゃ、アプリコット、ブロッコリー、ほうれん草、ケール、パセリ、ブルーベリー

ブルーベリー,視神経,視力

ヒト血液中のビタミンAはほとんどがレチノールである。血中濃度は通常0.5μg/ml程度で、0.3μg/mlを切るとビタミンA欠乏症状を呈する。

β-カロテンが体内で、小腸の吸収上皮細胞(あるいは肝臓、腎臓)において分解されてビタミン A になる。レチノイドの名前が網膜 (retina) に由来するように、網膜細胞の保護に用いられ、欠乏すると夜盲症などの症状を生じる。また、DNAの遺伝子情報の制御にも用いられる。(Wikipediaより引用)

スポンサーサイト

線維筋痛症-食事療法(ビタミンB1)

ビタミンB1(チアミン)
消化、筋肉の新陳代謝、血液細胞の新陳代謝、痛み抑制、エネルギー生成を含む多くの身体機能にとって不可欠の物質です。水溶性のため、体内に滞在する時間が短いので過剰摂取してしまう心配はありませんが、こまめに摂取する必要があります。

■ビタミンB1を含む食物
豚肉、内臓類(モツなど)、カモ肉、大豆、落花生、ウナギ、ソバ粉、グリンピース

チアミン (thiamin, thiamine) はビタミンB1 (vitamin B1) とも呼ばれ、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。分子式はC12H17N4OSである。 サイアミン、アノイリンとも呼ばれる。日本では1910年に鈴木梅太郎がこの物質を米糠から抽出し、1912年にオリザニンと命名したことでも知られる。脚気を予防する因子として発見された。糖質および分岐脂肪酸の代謝に用いられ、不足すると脚気や神経炎などの症状を生じる。卵、乳、豆類に多く含有される。(Wikipediaより引用)


ビタミンB1,食事療法,健康

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。